のびっこ日記

(*|         |*)v ういっすー。 VRとかコンピュータービジョンとかARとかに興味があります。OpenCVとかPCLとかOculusRiftとかUnityとかKinectとかLeapMotionとか手を出していますが、いろいろドツボにハマっててくじけそう。誰か教えてー

IIJMIOからLinksMateにMNPしたらお昼時の速度が10倍になった話(・    ・)

今日は同じ格安SIMでもこんなに違うんだなあ・・というお話です。

IIJMIOからLinksMateに乗り換えてみたよ。

 

IIJMIO

3年前に加入したIIJMIODoCoMo格安SIMの代表格なのですが、最近速度が低下気味・・みんなが使わない時間帯でもダウンロードスピードで2Mbpsとか。

 

お昼なんてこんな感じ・・0.13Mbpsって何だろう・・ISDNみたい・・

 

f:id:nobikko_nobinobi:20181219234754p:plain

IIJMIO(お昼時)


 

やってられないよー。

 

LinksMate

というわけで、LinksMateという、同じDoCoMo系だけど速度の評判の良いSIMにMNPしてみたのでした。

同じお昼時に測定した結果が・・

 

f:id:nobikko_nobinobi:20181219234838p:plain

LinksMate(お昼時)


 凄い凄い!混雑時にこのスピードは感動的です。

 

 それどころかですね・・午後3時とか通常の時間に至っては・・

f:id:nobikko_nobinobi:20181219234925p:plain

LinksMate(通常時)


今までIIJMIOでは見たことの無いスピードです・・。20.0Mbpsぴったりって、サービス側の考える上限スピードなんじゃないかしら。

なんか正直、ぶったまげました。同じ回線でも、スピードがここまで違うんですね。

 

LinksMateについて調べてみた

LinksMateですが、実はスマホゲームの会社が運営しています。

他の回線サービス業者とは目的が違い、スマホゲームで快適に遊んでもらう為のインフラとして整備しているもののようです。

+500円でカウントフリーオプションというのがあり、メジャーなゲームや、Instagram/Facebook/Twitterの通信料については通信料としてカウントしないオプションが有ります。(恐らくですが、LinksMateからゲームをすると、LinksMateの運営会社向けに何かしらのキックバックがあるのではないでしょうか。)

とはいえ、もちろんゲームをしない人も普通のDoCoMo回線として(音声通話も)使えます。(正直、おいらはあんまりゲームしないです・・(笑))

あと、料金もIIJMIOよりも安いような気がしますが、まあこのあたりは誤差かなあと。 

linksmate.jp

キャンペーン中っぽい

 LinksMate、お友だち招待キャンペーンなるものが一昨日よりスタートしています。

実はおいらはキャンペーン直前に加入したので適用外でした・・(笑)ちょっと早かったな。

2019年1月21日23:59までにキャンペーンコードで加入すると、支払いに使用できる2000LP(2000円相当)がもらえるそうです。

LinksMateにしたいと思った人、もし良かったら以下のコード使ってもらえると個人的には嬉しいです。m(_ _)m

「A100002S8H9FV5」 

linksmate.jp

最後に

 というわけで、一風変わったMVNO業者であるLinksMateのお話でした。

正直、IIJMIOの速度がもう少しだけマシだったらIIJMIOを使い続けたと思いますが、現在の昼間のスピードは怒って良いレベルだと思いました。。

個人的にはLinksMateをしばらく使ってみたいと思います。

 

 

 

 

ワイドハイターEXで10年物のミッフィを白くしようとした話(・  x  ・)

なんだかとってもブラウニーちゃんになりつつある10年物のミッフィ時計

f:id:nobikko_nobinobi:20170922180316j:plain

 

ミッフィの開き にして、

f:id:nobikko_nobinobi:20170922180400j:plain

 

白いプラスチックの日焼けを直すと言われてるこいつで

f:id:nobikko_nobinobi:20170922180813j:plain

 

ぶくぶくぶく

f:id:nobikko_nobinobi:20170922180441j:plain

 

約一週間後

f:id:nobikko_nobinobi:20170922180607j:plain

 

白くなったよ(*・        ・*v

f:id:nobikko_nobinobi:20170922180620j:plain

 

と、実はちょっと失敗・・。ミッフィの目が消えかけたり(マッキーで書いた)

服の色がツートンカラーになったり(溶液が浸ってない部分があったっぽい)しました・・。。

・・・まあでも、とりあえずよしとしましょう(・     ・)

おしまい。

 

同一のDLLを使用しているアプリ同士で、データの共有をする方法(・      ・)

最近あんまりブログ更新してませんでしたが、そろそろ復活したいと思います。

しかし、何書こうかな~。リクエスト有ったらお願いしますね。

 

 

今日はWin32の方のWindowsのDLLの話です。

WindowsのDLL、よく使う同じルーチンとかをまとめて入れておくといろんなEXEから呼べて便利なのですが、通常、複数のEXEから呼び出された時にはデータの共有がされません。呼び出し元のEXE毎に、別の変数用のデータのエリアが作成されます。

 

EXE(1) --> DLL

 

EXE(2) --> DLL

 

こんなかんじ。

 

でも、たまにEXE(1)でもEXE(2)でも同じ変数を参照したい時ってあるじゃないですか。

そんな時どうしたら良いのかというお話です。

 

実はこんな風にすると共有できたりします。

 

#pragma comment( linker, "/SECTION:.shared,RWS" )
#pragma data_seg( ".shared" )
extern int a = 0;
#pragma data_seg()

 

こうすると、データセグメントという共通のメモリエリアに変数を置いてくれます。

上の例でいうと、int aに関してだけは、

 

EXE(1)--> DLL <-- EXE(2)

 

こんな感じにアクセスができます。

ただ、アクセスは排他処理とかされないので、問題になるケースではクリティカルセクションとかミューテックスで囲んであげて下さいね。

 

今日はこのへんで。。(・        ・v