のびっこ日記

(*|         |*)v ういっすー。 VRとかコンピュータービジョンとかARとかに興味があります。OpenCVとかPCLとかOculusRiftとかUnityとかKinectとかLeapMotionとか手を出していますが、いろいろドツボにハマっててくじけそう。誰か教えてー

実家のじいちゃんの携帯の電話会社をauからmineoにMNPした話(・     ・)

実家のじいちゃんの携帯料金を下げてきた話。。(・    ・)

 

月の支払いが7000円?

うちの実家のじいちゃんは新しいもの好きなので、携帯も新しいのが好きで、半年くらい前にauで京セラのAndroid端末(Digno M)に機種変したみたいなんですよ。

だけど、使いもしないのに話し放題プランだったりとか、でもパケットは2GBで足りなかったりとかしていまして。結局毎月7000円近く払ってたりして、毎月の支払いがきついと言っていました。そこで格安のMVNOへのMNPを試してみることに。

 

MVNO業者の選び方

MVNO、ほとんどのケースではNTT Docomo系の回線を使っているのですが、今回のじいちゃんの場合は使い慣れた携帯がDigno Mなので、そのままKDDI系の方が良さそうです。

実家に居る間に申し込みを済ませたかったので、上のパッケージを買わずに3240円払って申し込みました。これから申し込む人は、上のパッケージを買ってから申し込むと1000円以上安いです。

 

MNPの仕方

まずはKDDIMNPの連絡をしました。MNPをする電話番号とMNP先キャリアについては、じいちゃん自身がオペレーターに話す必要がありますが、それ以外は契約者でなくても手続きができます。

面白かったのは、じいちゃんがMNP先キャリアをオペレーターに言う際に、「まいねお」と伝えたのですが、オペレーターの方がきょとんとしてしまって、話が通じるまで一瞬間がありました。auからmineoにMNPってそんなに珍しいのかな。。

MNP予約番号を取得したら、mineoのサイトでその番号を入力して申し込みをします。今回は3GBで音声通話ありを選びました。

 

結果

数日後、mineoのSIMがじいちゃん家に届きました。

違約金とMNP転出手数料で12000円くらい、mineoの新規契約が3240円かかりましたが、なんといっても月の支払いが7000円から1717円になりましたから、3か月くらいで元がとれそうです。

じいちゃんにはえらい感謝されました。

 

AndroidにAPNの設定なんかも必要なのですが、なんとこのあたりはじいちゃん一人でできてしまいました。(もう一度実家に行って設定する覚悟をしていたのですが・・。Android使いこなせる程度のじいちゃんなら、APN設定くらいはできるみたいです。)

 

ちなみにばあちゃんの契約の方は・・ばあちゃん、お友達とのezwebメールをなくすわけにはいかないそうなので、今回は断念しました。。

 

というわけで、MVNOおススメです。

 

今日はこの辺で。。